生活の倉/武蔵野の二世帯住宅

House in Musashino

 

 

気持ちよくおおらかな生活の倉

クライアントはアートディレクション・グラフィックデザインを職とするクリエイターのご夫婦。

アートのみならず日本や世界の民芸にも造詣が深く、古今東西新しいものから古いものまで、審美眼を持っている方たちであるが、いわゆるアートギャラリーのように生活感の無い空間は窮屈で、心地よい生活とは結びつきにくいとも感じていた。

目指したのは、
- 彼らが今まで集めてきたアートや民芸
- 生活感が出る雑多なもの、例えばキッチンや調理道具やお子さまのおもちゃ
- 仕事で使う紙の束や本や資料
これらが何気なく一緒くたにおいてある状態がそのままカッコいい、という状況。

(蔵ではなく)「倉」を提案した。気持ちよくおおらかな生活の倉。
※蔵:大事なものをかくしてしまいこんでおくところ/倉:生活に必要な穀物を入れておくところ

お子さまが成長し、住み方や働き方が変わり、家具や好きなものが変化しても、この先何十年と気持ちよくおおらかに日々を過ごすための、雑多さを受け入れる居心地の良い倉をつくりたい。


古民家や古倉庫のように、時間が経ち、生活がどれだけ変化してもそれを受け入れてくれるような力強さのある架構があるべきだと考えた。その架構の下に、生活に必要な雑多なものと日々を豊かにするものを、「取り出し、使い、仕舞う」場所を、それぞれ家具と一緒に設えた。

ワイド3間(5640mm)という一般的な木造よりひとまわり大きな気積、それを柱無しで実現するための架構が、生活の設えとインタラクティブに変化に寄り添っている。

Khouse_01+.jpg
Khouse_03_edited.jpg
Khouse_02.jpg
Khouse_E01.jpg
Khouse_E02.jpg
Khouse_04.jpg
Khouse_05.jpg
Khouse_06.jpg
Khouse_07.jpg
Khouse_08+.jpg
Khouse_09.jpg
Khouse_E03.jpg
Khouse_E04.jpg
Khouse_10.jpg
Khouse_D01.jpg
Khouse_D02.jpg
Khouse_D03.jpg


 

用途|二世帯住宅

敷地|東京都武蔵野市

構造|木造2階建 / 新築

延床面積|198.41m2 

設計期間|2018.02-2018.09

工事期間|2018.10-2019.06

設計|knof

構造設計|千葉俊太 / 構造設計スタジオ シエスタ ▶︎web

施工|株式会社吉田工務店 ▶︎web

施工担当者|薮崎涼

​アートディレクション|河原井宏

造作家具|WOODWORK ▶︎web

キッチンタイル|ONE KILN CERAMICS ▶︎web

​アートワーク|西舘朋央 ▶︎web

写真|児玉晴希 ▶︎web